地震時の避難に必要な持ち物が揃っているのはコレ!



あなたは、地震や台風で避難する時に必要な持ち物を、しっかり揃えていますか?もしもの時に、「あ~、あれを入れておけば良かった・・・」とならないように、避難の時に必要な物を取り揃えておきましょう。


では、どういった物が非難の時、災害が起きた時に必要なのか、ご紹介していきます。

スポンサードリンク



地震時の避難に必要な持ち物はコレ


地震や台風などの災害が起きてライフラインが止まった場合、阪神大震災・東日本大震災では、復旧までに約3日かかっています。


その経験から、避難する時の持ち物も「3日間」生き抜けるものが必要でしょう。その事を前提として、避難時に必要な持ち物をご紹介します。


1、水と食料




これはもう当然ですね。3日間を過ごす為には、飲料で500ミリリットルを3本は用意しましょう。なかには、1人1日3リットルが目安などありますが、避難する際に持ち運びができる事が大切です。

また、水・食料を「温められる」物も用意しておくと、避難でのストレスを和らげることができます。




2、簡易トイレ




水道が止まってしまうと、通常のトイレは使えなくなります。食事などはある程度の我慢が出来ますが、トイレだけは我慢できません。そんな時に役立つのが「簡易トイレ」です。


3、照明・ラジオ



こちらも、多くの方が理解している通りですね。照明・ラジオに加えて、今では携帯の充電が出来るものが良いでしょう。


4、エアーマット



避難すると、長時間固い床の上に座る事が出てきます。そんな時、このエアーマットがあると、座る事も苦痛ではなくなるため、ストレスを軽減できます。


5、アルミブランケット



東日本大震災の時などは「寒くて眠れない」と言う方がいました。そんな悩みを解消するのが、このアルミブランケット。

アルミは体温を逃がさないので、暖かく眠る事が出来ます。睡眠は、とても大切ですからこのアルミブランケットは必需品です。


他にも31個ありますが、あなたはどのくらい準備をされていますか?防災用品は、多く用意しても持ち運べなかったりします。


まずは、必要最低限の持ち物のと量を用意しましょう。もし1つ1つ取りそろえるのが面倒であれば、「防災士」が取りそろえた防災セットが、こちらで購入できるのでご覧ください。


「あの時・・・」と後悔しない為にも、避難に必要な持ち物を用意しましょう。⇒ 避難に必要な持ち物が揃っている防災セットの詳細はこちら


スポンサードリンク





0 件のコメント :

コメントを投稿